スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千早、15歳の誕生日おめでとう・・・あれ?

北斗のP ケンシロウプロデューサー 千早「ある日の風景7」



う~む、後悔の残る出来ですが誕生日に間に合わなくなるので・・・。ああ、夜が明ける。色々と思うところもありますが、コメントは帰宅後に追加します。今ならまだ出勤までに少し寝られるか・・・。おやすみなの。あふぅ。

■追記■

「お前が一度でも約束を守った事があるのか?」
前日はほぼ完徹で昨日は帰ってきたらすぐ寝てしまい更新できませんでした。すみません。

今回は千早の誕生日にあわせて公開ということで25日公開に間に合うように作業を進めていたのですが、いつも予定を大幅にぶっちぎっていた、追い詰められないと作業を始めない性格の私にとって、締め切りを設けて作業というのは精神的に大分キツかったです。学生の頃のテスト前もいつもこんな感じだったなw

結局25日早朝までかかってしまいどうにか形にはなったものの寝ぼけまなこでうpしたせいか相当反省点が残る出来栄えに。次回予告は異常にモザイクをでかくし過ぎたり、いつも次回予告の最後にケンの一言を言わせていたのを忘れてしまったり。トキのイカダンスは単品で作っていたものから持ってきたんですが、これも本来はもっとネタを盛り込んだものにするつもりだったものの結局間に合いませんでした。

ネタは自分で作ってるうちに段々と感覚が麻痺してきて面白いかどうかわからなくなってきますので、いつもは相方に見てもらって自分以外の意見をもらっていたりしたんですが、今回は事情があってそれができなかったので独りよがりな内容になっていないか心配したんですが・・・ニコ動に実際うpした後だとコメントや字幕に助けられて杞憂だったと思えるんだからやっぱりニコ動のコメント機能がいかに画期的かを再認識しました。
作っている時には全く想定もしていなかった部分に予想もしないようなコメントが付いて、それが新たな笑いを生んでいるのを見るとコメントつけてくれる人のセンスは凄いとしか思えないです。「返品します!」「ヒントでピント」、あとは白さをネタにしたタグやコメントw あのヒントでピント状態の次回予告で字幕を成立させる千葉字幕職人さんといい、死兆星が輝やかせている星取り職人さんといい盛大に吹かされまくりですw 25年たっても北斗の拳はネタが豊富だし、なにより愛されてるなぁとあらためて思わされるところですw



ちなみに心霊台を突いたのはアミバ様だったので3日は持ちませんw
スポンサーサイト

ワンフェス復活

ワンダーフェスティバル実行委員会からお知らせハガキktkr

wf.jpg


年2回、夏と冬に開催される世界最大規模のガレージキット即売会”ワンダーフェスティバル(ワンフェス)”。昨年8月の「ワンダーフェスティバル2008夏」において、エスカレーターの逆送事故が発生し、その影響で「ワンダーフェスティバル2009冬」が開催中止になるなど、今後の開催が危ぶまれていましたが、ようやく今後の見通しが明らかになりました。少し前から噂はありましたが、こうやって実行委員会からハガキもきましたし、公式HPでも次回開催について更新されていますのでもうこれは間違いないですね。

長年会場として使用されてきたビッグサイトから開催場所を幕張メッセに移し、7月26日に開催されるとの事。例年ですと8月開催ですので7月開催となるとディーラーにとってはスケジュールの見直しが必要ですが、今はイベントの再開を素直に喜びましょう。申し込み期限は3月19日必着(ネットでの申し込みは30日)とのことですので参加するか否か、よく考えて決断しなければいけませんね。

~ワンダーフェスティバルとは~
ひとことで言えばガレージキットの展示即売会となりますが、その実態は造型に関係するものならなんでもありの「お祭り」。まずは、プロ、アマチュアを問わないガレージキットの展示、販売に始まり、企業出展、中古販売にコスプレなどのあらゆる要素が渾然一体となった世界最大の造型イベント。過去のイベントスペースではアイマスレディオの公開録音が行われた事もあったり。

高木社長と黒井社長は○○なのか・・・!?

アイマスSPを少しだけプレイしてみて。ストーリーモードでDランクになったばかりですが現時点での感想など。

ストーリーモードはちょくちょくイベントがあってなかなかに新鮮な感じがしますね。予想どおり黒井社長は(中の人の影響もあってw)かなりウザくて嫌味っぽい典型的な悪役になっていますが、高木社長との因縁についてもっと詳しい事がわかったら見方も変わるかな?と思わせるような台詞もあって今後の展開が気になります。とりあえず、961プロがらみで高木社長の台詞も大増量なのは社長ファンには朗報ですね。ライブフォーユーでは社長の出番が休みでこのまま小鳥さんにその役目を譲るのではないかとも思われただけに一安心です。それでいて小鳥さんもとうとう本編のナビゲート役で正式に登場するようになって、なんだか事務所での会話を聞いているとCDのおまけトークを聞いているような錯覚がするのは気のせいか。あとはこれで美希が765プロに帰ってこれば・・・。

レッスンは表現力レッスンがグッド以上を取り易くなった反面、歌詞レッスンがかなり難易度上がっているように感じました。私はもとから歌詞にアルファベットが混じるとあんまり良い結果が出せなかったところに、SPからは文字の向きが変わる鬼仕様でかなり苦戦中です。箱○版で使えたズルは出来ないしボーカルが鬼門になってますね。千早をプロデュースしているのにビジュアル特化型とかどうなんだw ダンスレッスンは最初は戸惑いましたがなれればこっちの方が楽かな?

セルフレッスンは風呂に入る間の1時間くらい放置してみましたが、バッドレッスンでした。ひょっとしたら次の日の再開する時間まで、などのようにもっと長い時間置いておくものなのかもしれません。たしかに、10分くらい置いといてグッドレッスンとかパーフェクトレッスンが出るなら自分で難しいミニゲームやるよりセルフレッスンメインでやる方が確実で簡単という事になっちゃうもんな。
約束システムもアイドルとの再開の約束以外に雑誌取材の約束もあったりして最初はちょっとびっくり。何と言ってもこちらはキチンと約束の時間にスケジュールに組み込んで、選択肢を間違えなければオーディションを受けずに敏腕記者をゲットできるという分かりやすいメリットがあるので絶対に忘れないようにしたいですね。
約束システムにしてもセルフレッスンにしても、携帯機でいつでも好きな時に手軽に再開できる・・・なんてのは甘い考えだったのかもしれません。マジでリアル生活に容赦なく食い込んでくるつもりなのかも知れませんぞw お金と時間とどんだけ我々から奪っていけば気が済むんだw まあ、なんでもいいですけれど。

まあ、とりあえず千早の誕生日企画まではSPはほどほどにして置きます。ただでさえ遅れがちで今の時点でも間に合わない臭がするのにこれ以上時間を割くわけにはw

ペタストリー

アイマスSPを予約していたWonderGOOからメールが届きまして、なにやら特典のうち、千早の特大タペストリーに不良が発生したためコレだけが後日分納になるとか。

PSPアイドルマスターSPオリジナル特典『特大タペストリー』に関するお詫び

一瞬、発売日に遊べない生殺し状態になるのか!?・・・と思ったら、タペストリー以外のソフト本体やらそのほかのショップ特典とメーカー特典は予定通り発送されるようでひと安心。千早の誕生日には間に合わないのでその点はちょっと残念ですが、まあ肝心のソフト自体はちゃんと届くようなので我慢しますか。

それにしても、タペストリーで重大な不良が発生と言っても想像がつきませんが具体的には何があったんでしょうね。単純に印刷の仕上がりに不備があったり、印刷過程でミスでもあったならこんな土壇場でまで判明しなかったのも不自然な気がします。
かつて、とあるゲームの特典でマウスパッドから口に含んだら死ぬような成分が検出されて回収された事があったそうですが、それに近い何かとんでもない事実でもあったんですかね~。あるいは、きちんと計測したら72.5cmあったとか。何がとは言いませんが。

無駄にフルボイス

散々もったいぶっておきながら最後は自首w まさにバーローww



初代プレイステーションやセガサターンではフルボイスが当たり前のようになった事もあってアニメのゲーム化などではその恩恵を最大限に受けていたりしたわけですが、たまにおかしな方向に向かってしまうことも・・・。ていうか上のコナンのゲームは公式がMAD動画を作ってるようなもんですねw むしろ公式が病気とでも言うかw

ご多分に漏れず、北斗の拳もプレイステーションでゲーム化されていますね。北斗の拳はそれまで数えきれないほどゲーム化されてきましたが、ストーリーが斜め上方向にオリジナル過ぎたり、ゲームとして微妙な塩梅だったりしてその出来栄えはどうにも残念なものばかりでしたが、このプレイステーション版は今の目で見たらちょっと厳しい感じのグラフィックですが、ローポリゴンながらもオープニングを忠実に再現していたり、おまけモードが無駄に充実していたりとすごく頑張った内容になっています。
まあ、中にはおまけモードの「THE あべし」と「世紀末シアター」が本編という説もあったりしますが・・・。特に「世紀末シアター」の方はどう考えてもスタッフの悪ふざけとしか思えませんw 内容はゲーム中のムービーシーンの台詞を好き勝手に入れ替えられるというものなのですが、よりによってゲーム中に使われる殆ど全ての台詞が入れ替えられる対象になっているので、ケンシロウがリンが喋れるようになる秘孔を突くシーンで「この指を抜いてからお前は死ぬ」とか言わせることもできますし、むしろそういう方向の遊び方がメインになってしまいますw つまりこのゲームも公式MADメーカーなんですよね。ラオウが天に帰るシーンで「うわらば」とか言わせるのはこのゲームを買った殆どの人がやってると思います。・・・改めて文章にするとひでぇなw

実は、構想段階の北斗のPはこのゲーム版を核にして作っていた時期がありました。それくらい世紀末シアターの衝撃は大きかったのです。そこにブロリー成分が含まれて化学変化を起こしたのが北斗のPシリーズだと言う今明かされる衝撃の真実。しっかしまあ、大昔に買ったゲームがMADを作るきっかけになるんだから世の中分からないものです。
ちなみに音源としてもかなり貴重で、アニメ版ではカットされてしまった名台詞、「汚物は消毒だ」「うわらば」なども収録されています。とくに「うわらば」はMAD的には超ありがたかったですw

ところでニコ動には、この「世紀末シアター」を使って抱腹絶倒の一大ストーリーを作り上げたシリーズがアップされていますので、未見の方は是非。面白いですよw



PS版のオープニングも見つけたので↓(ただしPARで大変な事になっていますがw)

物忘れ

『PSP『アイドルマスターSP』、バレンタインに壁紙プレゼント!』

きゃああああ忘れてたぁぁぁ!!orz
最近、何かしようとしていた事自体は覚えていても肝心の中身を思い出せないことが多いとです・・・。

いよいよ来週は

とうとう来週の木曜日にはアイマスSPが発売されますね。発売日の19日は顰蹙を買いながらも有給を無理やり入れたので準備は万端です。
思い返せば去年の今頃もライブフォーユーの発売にワクテカしていましたが、一年経ってもまたこんな風に指折り楽しみに待つことができるとは思わなかったですね。ゲームは発売されてなんぼですが、発売直前までの情報が出るたびに一喜一憂して皆であれこれ予想する時期というのもまた楽しいものです。願わくはアイマスというコンテンツが来年の今頃も盛り上がっているといいのですが。もうここまできたらPS3でもwiiでも移植されたら本体ごと買いますのでw 
ところでSPはMAD動画的にはどうなんだろ? 新しいコミュが増えればMADアイマスプロデューサー的にはネタが増えることになるので楽しみなのですが。私もPSPのキャプチャー方法を調べておかなければならないなぁ。 

とりあえずSPが発売されたらしばらくはそちらに専念する事になると思いますので、その前に今作ってるブツと千早の誕生日に合わせて用意している企画を形にしておかないと・・・。

PS3に移植フラグ・・・?

あちこちで話題になっていますのですでにご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが。

「PS3『Home』で『アイドルマスターSP』の特製アイテムを配布」

邪神モッコスという言葉が脳裏をよぎったのは私だけでしょうか。人間の等身としてはリアルと言っていいのでしょうが、だからといってアニメやゲームキャラの顔をそのままくっつけたらそりゃ違和感はありますわな。某所では「凍りついた笑顔が怖い」という表現をされていましたが、開きっぱなしの口のせいでなおさら気ぐるみ感が拭えないのかと。

効果的に使う場合を除けば、人物を被写体にして写真を撮るときには普通逆光は避けるものですが・・・。意図的に恐怖感を煽ったりするつもりならこれほど成功している例もないでしょう・・・。この調子でPS3に移植されたらまあ、その……なんだ、困る。


もっとも、何だかんだ言ってPS3でアイマスが出たら本体ごと買うんだろうけどw

動画紹介その22 ~変態☆変態☆変態態~

明宏P



何気に優秀なマリクP。「マリクP 美希 交通事故」では何人だよ?ってくらいカタコトだったのがすごく流暢に喋れるようになっていて驚いたw 遊戯Pシリーズは初期から見ていますが遊戯ロイドがかなり上手くなってますね。相変わらず展開はカオスですが。つうか千早何歌ってんのw このサンドキャニオンMADはぜひフルバージョンで聞いてみたいですねw

昨日紹介させていただいた「ブロリープロデューサー 美希 歌詞レッスン」の冒頭でマンタPもやよいで作っていたサンドキャニオンMADですが、私は恥ずかしながら元ネタを知らなかったんですが、これって星のカービィのゲーム中のBGMだったんですね。グルメレースといいスカイハイといいカービィのBGMって中毒性が高いものが多いですね。MADによく使われるのも納得です。

動画紹介その21 ~今日は何の日?~

マンタP



2月6日の語呂合わせでブロリーの日です・・・はい・・・。
さすがはマンタP、期待を裏切らない。そして「2月6日はブロの日」タグが普通に機能しているのが楽しすぎますw ニコニコ動画におけるブロリーは愛され具合は異常ですな。

それと何気に緑字幕職人がコメ一桁台をゲットしているのがすげぇw

三者三様

MADアイマスプロデューサーなんてものを作っていますとゲーム中のBGMが必須の素材になってくるんですが、ニコ動には大分前からCD未収録曲を含むBGM集がうpされておりましてとってもありがたく使わせていただいております。アイマスはアイドルがメインで当然BGMより歌の方が注目されるのは当然なんですが、あらためて聞き直すとBGMも良い曲揃いだと思うんですよね。タイトル画面で流れる曲はすっかり週マスのオープニングとイコールですし、選択肢の時に流れる曲=パイタッチの認識を刷り込まれていたり、オーディションにエントリーする時の曲は聞いているだけで気が・・・高まる・・・。さらに、てってってーにいたっては一大ジャンルを築くまでになっていますからねぇ。

で、ちょっと思い立ったことがあってアイマスのBGM集を聞きなおすために検索したらこんなすばらしいものがヒットしたんですよ↓



アケ版のBGM集・・・これはなんと貴重な素材動画・・・。そして普通に作業用BGMとしても使えますね~。とくにセンターモニターで流れていた曲(と歌田さんのナレーション)が聞けるのはアケマスだけ! 私はアケマス始めたのは相当遅かったですが、ランクアップリミットやセンターモニターで流れるランキングなど、アケマスはアケマスで箱○版になかったいい所がたくさんありますのでコレは嬉しいですね~。アケマスはなんと言っても、家庭用では再現が難しいセンターモニターの存在が大きいと思うのですよ。オーディションに合格して自分のユニットがセンターモニターに映し出される時の嬉しさはアケマスでしか味わえません。箱○版でも擬似的でもいいのでセンターモニターみたいにランキング上位入賞者の合格ビデオを流れるようにして欲しかったですね。技術的に難しいのかもしれませんが、もしSPが箱○に移植されることがあるならばランクアップリミットと一緒に復活させて欲しいですね。

動画紹介その20 ~ヒャッハー!!新作だぁ!!~

てつをP



ななな、なんと新作が来ていたのに見逃していたとは・・・。このリハク一生の不覚!!

順調にシリーズ化しているようですっごく嬉しいんですがw 相変わらず他のキャラとの絡みが上手いですね。いわゆる心の葛藤を表現するのに、悪魔の囁きとソレを止める天使という構図を漫画などでよく見かけますが、その悪魔役にジャギがハマりすぎてて恐いですw さらに萌え死にしそうになったり、例によってやたらと秘孔を突きたがるトキが面白すぎですw 前にも同じことを書きましたが素材をゲーム版に限定してコレだけ作れるんだから凄いなぁ。

そして次回予告ではとうとう”あの人”がっ・・・!!!!

社長ボイスの新録はありますか?

マンタPのブログでも紹介されていましたがタグの変遷があまりに面白かったので。



最初の頃、「定額給付金の有効活用」というタグがついていたのですが、3本買ったら15,120円だから定額給付金の12,000円じゃ足りなくね?とか思っていたですが、なるほど市場を見て納得。アマゾンで買うと20%off なので割引後の価格で3本買うと12,096円≒定額給付金なんですね。いつも思いますがコメントといい、タグといいネタをよく考え付くもんだと感心します。今見たら「PSP10色購入催促動画」とか付いてるしw

まあ、私はSPはすでに予約してしまったんですが、もしもう一セット買うとしたらローソンかなぁ。まだ予約受け付けているみたいですし、約特典もなかなかに魅力的。それに、コンビニなら24時間営業だから発売日の日付に変わった瞬間受け取りとかできるんじゃないかと思っているんですが・・・実際はどうなんだろう? まあ、冗談半分本気半分と言ったところですがすぐ受け取れるなら多分もう1セット買っちゃいそうな気もします。
日付変わった瞬間に購入とか昔のドラクエみたいですねw

SPではゲイツポイントって言わないよね

「ファミ通PSP+PS3」の3月号が出ていたので買ってきました。今月号の付録ポスターはゆきぽと亜美真美でしたね。千早の番はまだかのう。

一応、今号の表紙では765プロ側のアイドルがみんな新私服で登場していましたので全員どんな衣装かは判明しましたね。こうしてみると春香さんとりっちゃんの新私服がかなりいい感じ。りっちゃんはローソン服じゃなくなったのがネタ的な意味ではちょっと残念ですが、新しい私服自体は可愛いので良しとしましょう。それに、PSPでもDLC販売はあるそうなのできっと旧私服も売り出されるでしょうしw


話は変わりますが同じ書店で見かけたのはとうとう最終号となってしまった「マガジンZ」3月号・・・。残念ながらしばらく前に休刊が決定しており連載作品の内いくつかは引越し先が決まったものの、最終号に合わせて連載終了となった漫画も多かった模様。個人的イチオシのカルドセプトはとりあえず連載終了とはならなかったものの、(長期休載中だったこともあって?)引越し先は今の所未定との事。まあ、連載終了にならなかった以上は復活の可能性はあるわけで、話の途中で終了確定してしまうよりは良かったと思うべきか。作者のかねこしんやさんには来たるべき連載再開に向けて養生してもらって英気を養っていただきたいですね。

ちなみにコミック版カルドセプトは同名ゲームのコミカライズなのですが、ゲームを知らない方でも楽しめるように執筆したとは作者談。単行本では元になったゲームの簡単な説明もあるので本当にゲームをやった事のない人でも楽しめますし、ゲームを知っていればなおの事楽しめる作品ですのよ。残念ながら掲載誌が掲載誌ですのでメジャーな作品とは言い難いですが、作者のかねこしんやさんは女の子もメカもむさいオッサンも描ける漫画家さんなので、これらのキーワードにティンときた方は一読をお勧めします。最新作のDS版も概ね好評のようですので興味のある方はゲームの方とあわせてこの機会に是非。とりあえずカルドセプトシリーズがカルドセプトサーガで被った汚名は返上したと言っていいでしょう。そういえば、私が箱○本体を買ったきっかけはサーガだったな。今じゃすっかりアイマス専用機ですがw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。