スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファン代表P、貴様には地獄すら生ぬるい

とうとう、ライブフォーユー!のカタログも17号をもって終了とのことです。



ライブフォーユーも発売当初は、一日で全実績解除できる内容の薄さとか、ファン代表Pのウザさ等に厳しい評価もありましたが、それらを踏まえた上でも一年半近くも毎月ダウンロードコンテンツを楽しみにしつつ遊び続ける事が出来たのですから大したものです。これだけ長く続いたのは、やはり曲とダンスを追加できるのが大きかったのでしょうね。お値段の事を考えれば手放しで褒め称える事は出来ないのですが、CDで、マスターアーティストで聞いたあの曲に、ダンスの振り付けまでついてゲーム中でステージを再現できる・・・というのはファンにとってはやっぱりたまらんと思うのですよ。
楽曲以外のダウンロードコンテンツもアイドラ・オフスケッチみたいなスタンダードな追加コンテンツ以外に、社長訓示みたいな短いけどつい毎日起動せずにはいられないような代物までアイデア次第で面白いことも出来ましたし、小鳥さんのモデリングデータも入っていたんだからまだまだ色々な可能性があったんじゃないかと思います。
そして、ニコニコ動画上に公式チャンネルまで出来てしまった今となってはつい忘れがちになってしまうのですが、ライブフォーユーの隠しコマンドが発覚した事件、通称七夕革命で大騒ぎになった頃はニコマスの存在を公式がほぼ確実に、しかも強力に意識しているんだってのがわかっちゃったりして、いち作り手としてなんだか嬉しい気持ちになったものです。あの頃はたくさんの強敵にも囲まれて楽しかったなぁ…。


何だかんだ言って、アイマスの楽曲って新曲を聴くたびにガチで作られているのが分かるんで、毎月ゲイツポイントをお布施しても全く惜しく思わないんですよね。くやしい・・・でも買っちゃう、みたいな。むしろ、まだまだゲイツポイントは用意していたので、もっと続いてくれても良かったんですけどねぇ。これからもどんどん楽曲が出続けるわけですし、衣装にしたってSPだけで終わらすには惜しい物もあるわけで。カクテルポーリードレスを出さずに終了とかもったいなさすぎます。

DSC_0698_R.jpg
【まだまだ搾取される気満々だったんですがw】


今後、ダウンロードコンテンツの主軸をPSP版と発売後のDS版の方に移すことになると、据置機のアイマスでダウンロードコンテンツが無くなってしまうので、MAD的には素材面では厳しい事になるのではないでしょうか。携帯機と据置機のグラフィックを比べても仕方が無いのですが、箱○のグラフィックに見慣れた目で見てしまうとどうしても見劣りしてしまう部分もありますし(SPも頑張っているとは思いますが)、それに携帯機はキャプチャーが少々面倒ですからね。

ここ最近の流れだといずれアイマス2は出るのでしょうが、コレはだいぶ先の話になりそうですからね。ここはバンナムにはアイドルマスター完全版を出してもらうしかありませんな。もし、かなうならライブフォーユーみたいに楽曲を追加出来るようにして、毎月は無理でも定期的に新しい楽曲をダウンロードできる仕様だと嬉しいなぁ。箱○の無印版に収録されている16曲以外にも、新しい楽曲で「オーディション→TV出演」の流れを体験できるなら、もう、これは本望です。もちろん、貴音と響をプロデュースできるようにした上で、さらにはSPのようなランクアップリミット制を復活させてくれたら、私的には一生遊べるゲームになっちゃうんですけどねぇ~。もし、そうなったらライブフォーユーの衣装を、もう一回ダウンロードすることになっても文句言わないですw 同じ衣装を2回買うのはライブフォーユーで通った道ですので、2回が3回になってところで大した事ないってもんですw

まあ、始まりがあれば終わりがあるのも仕方の無いこと。今は1年半にわたって続けてくれた公式に感謝しつつ、今後の展開に期待ですね。

スポンサーサイト

1938年→朋友(ポンヨウ) 199X年→強敵(とも)

よしむねPのブログ「釣果も動画もほどほどにて」とリンクさせていただきました。釣りに鉄道、そして動画作成と多趣味なよしむねP(閻王Pと言ったほうがティンとくる人も多いかな?)のブログ、上記のいずれかに興味のある人は必見ですよ~。
HPも運営中→「新・逍遥日誌
私は釣りも鉄道もなんとなく好き、と言う感じのヌルオタですが、彼はガチです。コメントでハゼ釣りに行こうかな、とちょっと書いただけなのにめちゃくちゃ丁寧に色々教えていただきましたw 

今後ともよろしくお願いします~。

愛「・・・・・・」

先週あたりからディアリースターズのCMが流れ始めましたね。



当初は、「バンナム内では外伝扱いとかアイマス2への繋ぎ位にしか考えてないんじゃないの?」なんて言われることもあったDS版「アイドルマスターディアリースターズ」ですが、発売までまだ一ヶ月以上あるのにバンバンテレビCMを打っているあたり、バンナム割と本気?

PSP版の時はかなり早い時期から各ショップが過熱気味なショップ特典競争を繰り広げていましたが、今回はつい先日まではDS版に特典をつけるショップが少なく、ちょっと拍子抜け気味でした…が、ここに来て特典内容を明らかにするショップがぞくぞくと現れ始めました。

ゲーマーズ
WonderGOO

DSi本体ごと購入するつもりでいたのに、本体同梱版は今回も出ないみたいで、特典つきもテレカを付けるショップが少しあるくらいでがっかり・・・とか思っていたらそんな事なかったぜ。
それにしてもゲーマーズとWonderGOOの特典がどっちも涼ちん関連というのは偶然なのだろうか?付いてると分かったとたんにほんと、人気爆発したなぁ。先ほど某所で「πタッチ」ならぬ「ωタッチ」という言葉を見かけて、オメガタッチってなんぞ?と思っていたんですが、すぐに気が付きました。要するにωは涼ちんの○○○のことかぁーーーー!!www



下ネタはさておき、肝心のゲーム内容やストーリーも明らかになりつつあり、今回はプロデューサー視点ではなくアイドル視点でストーリーが進んでいく、育成よりアドベンチャーに比重を置いたシステムになるとか。レッスンやオーディションもあるようですが、今まではプロデューサー視点から担当アイドルに指導という形だったのが今度はアイドル本人の立場でそれらを受けるようになるみたいで、アイマスの世界をアイドルの視点から眺められるというのはなんだか不思議な感覚がします。視点の変更に伴い、ストーリー面ではシナリオ重視の内容になるわけですが、アドベンチャー色の強い内容で、アイドルの視点がプレイヤーの視点と一緒だと肝心のアイドルの姿がゲーム中には見られないというジレンマを、DSの2画面をうまく使って解決しているのは良いアイデアですね。DSの下画面でアイドルの表情を表示することで、いつでもアイドルの喜怒哀楽の表情を眺められるのは、DSでもアイドルを愛でたいというニーズにうまく応えていると思うわけですよ。それに、私みたいなおっさんがアイドルになりきってプレイするというのは、さすがにハードルが高すぎるのでそういった意味でも良かったw

あ、とりあえず今回もWonderGOOで予約することにしました。ええ、そうですとも。私も涼ちんの衝撃の告白にすっかりやられたクチですとも。そんなところにWonderGOOから見計らったようなタイミングで、あの特典内容ときたら…ねぇ? WonderGOOはSPの時といい、ピンポイント過ぎる特典をつけるから困るw

それにしても、涼ちんの影に隠れて愛ちゃんの影がますます薄くなっているような…。やはりこれはメインヒロインの宿命なのか…。

恥ずかしながら帰って参りました ワンフェス2009夏レポート・後編

お待たせしました。これまた、前編からだいぶ間が空いてしまいましたが、ワンダーフェスティバル2009夏のレポート後編です。ワンフェスからはや2週間。ワンフェスで完全燃焼してきたせいか、ここのところ燃え尽き症候群を発症してあらゆる事に身が入りません。ヤバいなぁw

前編はアイマス関係の造形がメインでしたので、後半は個人的大ブームのモンスターハンター関連、そのほかを中心にレポートをまとめてあります。企業ブースと、コスプレ写真は全くありませんので悪しからず。以前は事前にチェックしたディーラーさんを周って買い物した後に、全ディーラー卓を流してチェックすることも出来たのですが、今回の広さ&ディーラー参加数となるとそれも難しくなってきます。さいちんPのブログで、さいちんPとねんどP、最北端Pが参加していたと聞いて会場で全く気がつかなかったことを激しく後悔。事前の情報収集って大事ですね。


続きを読む »

恥ずかしながら帰って参りました ワンフェス2009夏レポート・前編

ちょっと時間が経ってしまいましたが、ワンダーフェスティバル2009夏のレポートです。

本来の計画だと、友人からの頼まれモノが人気ディーラーさんの出展物だったため、始発かそれに近い電車で会場に向かう計画だったのですが、前日の秋葉原詣での猛暑による疲れのためか、予定を大幅に遅れて海浜幕張駅に到着となりました。要は寝坊しただけなんですが(友人よ、スマン)、会場に着いたのはだいたい8時半頃だったかな? 会場1時間半前でしたが、駅についてから列の最後尾を探しますが、いやぁ歩く歩く。てくてく20分近く歩いて駐車場の端っこの方でようやく最後尾に到達しました。並んだのが駐車場のアスファルトの上だったのでこりゃ照り返しで暑くなるかな~と心配しましたが意外なことに…

DSC_0138_R-2.jpg
【くわっ! 強烈な夏の日差し】

日差しは強烈なものの、海風が強かったおかげで思ったほどには暑さを感じずに済んだのはよかったです。ただ、この天佑ともいうべき海風も冬は一転して地獄の冷凍旋風と化すのだろうな…。いつぞやの強風が吹いたワンフェスを思い出しました。あの時もひどかったですが、夏の暑さと冬の寒さ、この手のイベントでは対策をきちんとしていかないと救護室のご厄介になってしまうのでこれから参加する方は準備を万端にしていくことをオススメします。ていうか必ず対策汁。天候によっては冗談抜きで死人が出てもおかしくないレベルです。

さて、ようやく列の最後尾に着いておちついたところで、なりゆきで近くにいた見ず知らずの方とモンハンP2Gで時間つぶしをすることに。私がハンターランク6の緊急クエスト「異常震域」でツマっている事を話すと、ティガレックス狩りに付き合っていただけることになりました。それにしても、炎天下でPSPはプレイしようとすると画面が反射してやりづらいったらありゃしない。万が一のために持参していた傘を日傘代わりにしてようやく普通に遊べるようになりました。

いつものワンフェスだと開場時刻の10時を過ぎてしばらくしてから列が動き始めるので、ハンターランクが9の方と一緒だとこりゃ余裕で緊急クエもクリアかな~とか思っていたら、予想外なことに9時半過ぎには列が動き始めました。あわててモンハンを中断し、PSPを片付けて移動する準備をする私と見ず知らずのハンターの方。まだまだ列が動くわけねーよとタカをくくっていたせいでギルドカードを交換することも出来ませんでしたが、ティガレックスを1頭倒してくれた状態で中断したため、おかげさまで後で再開してちゃんとクリアできましたよ。見ず知らずのハンターランク9の方、ありがとうございました(こんなところを見ているとは思いませんが(^^;)

DSC_0143_R-2.jpg
【行列の後方を望む】
これで列の半分くらいかな?自分の住んでる町の人口以上の人間が集まる光景に思わず圧倒されてしまうのですが、この数倍の参加人口と伝え聞くコミケとかいったいどんな事になってるのか想像も付きませんな。

さて、今回のワンフェスは会場を東京ビッグサイトから幕張メッセに移してから初めての開催となりました。都心からの移動がちょっと遠いかな?と感じるものの、会場の広さがかなりのスペースを確保していたおかげでディーラー間の移動もスムーズだし、空調もきいていてなかなかに快適。ただ、年々参加ディーラー数が増えて会場も広くなり、一日では周りきれない規模になりつつあるのもまた事実。なんとなく計画していた巡回ルートなど、会場に着いてからは全く無意味なものになってしまいました。今回は友人の頼まれモノが行列必至のディーラーさんだったので入場後はすぐにそちらに向かって移動しましたがすでに長蛇の列。こりゃ並んでも買えないかなぁ~と諦めかけましたが、ギリギリ購入に成功。ちなみに頼まれていたモノというのがモンスターハンター関係のガレキだったんですが、今回はモンハン関係の出展がかなり多く、勢いが感じられましたね。

友人の頼まれモノを購入してから自分の買い物に移ったわけですが、最初に時間を消費してしまったせいか、狙っていたものはあまり買えませんでした(´・ω・`) 特にアイマス関連がショボーンな結果になってしまいましたが、写真はいっぱい撮らせてもらいました。それこそ、カメラの上げ下げで翌日筋肉痛になるくらいにw その一部を紹介させていただきますが、おそらくこのブログ始まって以来の写真掲載数です。これでもほんの一部なんだから我ながら恐ろしい。何枚撮ってんだ>確認したら800枚くらい撮ってましたw

写真は続きを読むからどうぞ~↓

※撮影を許可していただいたディーラー様ありがとうございました。
中にはディーラー名をお伺いするのを失念してしまったり、記憶があやふやなところもありますので間違いがございましたらご指摘ください。

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。