スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結構前までは

3週間ほど家を空けておりましたが昨日帰宅。昨日は帰り足でそのまま切れてしまった薬をもらいに病院に直行したら死ぬほど時間かかってヘトヘトに。ようやく今日になって落ち着きました。今回は関東近辺を転々としてきたんですが、いつもは上京しても時間的余裕が無いのでワンフェス参加&秋葉原探訪くらいであんまりゆっくりすることができないんですが、今回は思ったときに思ったところへ出かけたりと割とのんびりすごすことが出来ました。出来ることなら帰りたくなかったぜw
放浪中はネット環境がなくて、せいぜい携帯でiモードを使うか、どうしてもフルブラウザで調べたいことがある時のみネットカフェを利用していましたが、案外毎日ネットにつながなくてもどうにかなるもんですね。ていうか、都内が便利すぎというか。今回一番印象に残ったのが新宿高島屋の中の東急ハンズとユザワヤ。どちらも手芸や模型などを趣味にしている方ならまず知らない人はいないであろう超有名店舗ですが、品揃えの豊富さたるや一日ではとても見切れないほど。それがひとつのビルに同居してるんですからこりゃもう大変ですよ。田舎のホームセンターと比べる事自体がそもそも間違いだと分かってはおりますし、ネットで気軽に通販が出来る時代ではありますが、使ってみたいと思わせる魅力的な工具やマテリアルを実際に見ながら買い物できるのはやっぱり都会>田舎ですねぇ。普段はこういうところへ出かけても移動や配送のコストを考慮してまとめ買いせざるを得ないんですが、今回は時間的に余裕があったのでゆっくり見て周ることができましたので、気が向いたときに時間を気にしないでこういう所に来られる環境というのはやっぱりうらやましく思ってしまいます。
まあ、これを実際に住んでる人に言うと「都内在住もそんなにいいもんじゃないよ」とよく言われるんですが。確かに一面のみを見ての感想なのでそんなにいいもんでも…という言葉の意味もある程度分かりますが、趣味人にとってはやはり魅力的に見えるんですよねぇ。

さて、今日になってやっとアイマス関連の話題やニコ動で視聴している続き物、某掲示板のスレなんかをチェックしているんですが、ログが溜まりすぎてもう追いつけないので気になったことだけちょこっと。
なんでも、アイマスの公式サイトで謎のカウントダウンをはじめたところ、速攻解析されて徐々に明かされていくはずの文面がほとんど晒されてしまったとか。ネタバレになるので色を変えておきます↓

「棚卸し」とか「いままでありがとう」とか過去の一部を無かったことにするかもしれませんフラグみたいのが立って一部では悲観的な見方をしているPも多いみたいです。解析対策とかもうちょっとどうにかならなかったものか。
仮に、カウントダウンが続編の発表だとしても、SPで公式がパラレルワールド的な設定変更をやってしまった以上、どんな展開がくるか分かりませんから確かに不安を感じるのも分からないではありませんが。そうでなくても全キャラ総入れ替えも難しいだろうし、一部入れ替えなんてやったら最悪で、美希が961移籍であれだけ揉めた一件に輪をかけてエラい事になるのは火を見るより明らかだし、貴響を入れて箱○版をリメイクとかでは時期を逸しすぎてるし、今更L4Uみたいなファンディスクってわけにもいかず、サイドストーリー的な展開も2次創作、特にニコマスが思いっきりハードルあげちゃってるしでなんだか八方ふさがりのような…。
普通カウントダウンとかって新しいことが始まるワクワク感を感じさせるものが一気に白日に晒され、ココに至って不安を感じる事しかできないというのもなんだかな~ってのが第一印象ですね。
あとは余計な心配だとは思いますが、箱○→PSP→DS→PS3(でhomeライブ)とプラットフォームがフラフラと安定しないので、この微妙な時期に「今までのことは無かったことに」的ななんとも不安を感じずにいられないどうともとれる表現で、しかも本来段階的に慣らされながら出てくるべき新情報が一気に表面化したせいで「棚卸しは箱○との決別宣言だ」とか「いやいやそれはねーよ」というような枠外でのごたごたまで噴出してきて、変にゲハ戦争に巻き込まれやしないかという杞憂が。まあ、余計な心配だからこそ杞憂というのでしょうが…。かつてハマっていた某ゲームの某所の某コミュニティで最末期に「内ゲバで済んでるうちはまだ幸せだったと思える日がくるなんて」と言われてドキッとした事を思い出してしまい、どうしてもその思い出が重なってしまうんですよね。ゲームに限らずどんなジャンルでも栄枯盛衰はあるしそれに伴うありとあらゆる森羅万象、悲喜交々は、これは避けられないことだと分かっているんですが、アイマスだけはそうならないで欲しいなぁ…。


それにしても出かける前はネット環境から遠ざかるのがちょっと不安だったんですが、必要に迫られたときだけネットカフェってスタイルで別に困らなかったというか。一時はモバイルPCの購入&モバイル通信の契約を本気で考えたんですが、まあ無ければ無いでどうにかなってしまうものですね。ただ惰性で見てる分が結構大きかったというか。インターネットは今では社会的にも無くてはならない便利な存在だけど、必要なときだけ使えればそれでいい、特別なものじゃなくなったというか。それだけ日常に浸透したとも言えますが。
昔はネットが無くても普通に暮らしていたし、オタク趣味のコミュニティも普通にあったりしたわけで、単に媒体がネットに変わっただけというものも多いのかもしれません。それらに伴う内容の変質と情報伝達のスピードが激変するという事はあったにせよ、本質的には案外インターネットが全くのゼロから生み出した人類がいまだかつて見たことが無いもの、というのはそんなに多くないのかもしれませんね。
たまったログを前にして、思わずそんなことを考えてしまったのでした。


コメ返信
>非公開コメの方
気付くのが遅れて申し訳ありませんでした。今更ですが返信をブログの方に投稿させていただきました。お誘いいただいた事、大変嬉しく思っております。
スポンサーサイト

じゃ、百年の歴史を見るには、百年かけなくちゃ見きれない。

まとめて。

北斗のPSP ケンシロウプロデューサー 亜美真美「ランクアップD」「ある日の風景4」「TVリハーサル」



北斗のPSP ケンシロウプロデューサー 伊織「一日署長」



北斗のPSP ケンシロウプロデューサー 春香「ライブ(ライブハウス)」



北斗のPSP ケンシロウプロデューサー やよい「ランクアップE」




 いまさらですが、なぜ「北斗のPSP」なのか、PSP版アイドルマスターSPを素材にしているのか。それは、SPにはプロデューサーランクによる同時プロデュース可能人数に制限が無いのと、セーブデータをPCにコピーしておけるのでいつでも好きなアイドルの好きなコミュを見られるMAD動画製作者にとってはとても優しい仕様だからなのです。
 本来は、旧シリーズみたいにXBOX360版無印の素材を使えれば一番いいんですよ。SPでは今回の亜美真美TVリハーサルみたいにCEROランクC→Bの影響で台詞が変更されているコミュもあるし(AC→箱○の時も有りましたけど)、それどころか台詞改変以前に箱○版無印ではあったのにSPで無くなってしまったコミュもあるくらいなので、ネタ的にも映像的にも360版無印の映像が使えればそれに越したことはないのです。ですが、箱○版無印はプレイヤータグひとつにセーブデータもひとつでしかも完全上書き保存ですからランクアップした後に下のランクのコミュを見たい場合はもう一度いちからプロデュースし直す必要があるんですね。
 そのあたりを見越してかつて箱○版無印では千早コミュはほぼ全て(事務所Lvアップの「なんでもいいですけれど」含む)と、他のアイドルも主要なコミュやネタにしやすいコミュをBGMオフでキャプチャー済みだったんですが、これらが昨年のハードディスククラッシュの際にいっしょに吹っ飛んでしまったのが痛恨事でした。さすがにまた全員分のコミュをもう一週しながらキャプチャーする気力は起きませんでしたw; キャプチャーしようと狙ったコミュが出るかどうかはランダムだしなにより無印はレッスンの難易度が鬼畜なのでw 一応、ニコニコ動画上にうpされているコミュ動画をお借りする手も考えたのですが、BGMオフで上がってるのは極一部なんですよね。そう考えるとハードディスククラッシュの影響はある意味で北斗の拳側の素材よりアイマス側のほうが被害甚大だったのかもしれません。数十~数百時間の苦労も吹っ飛ぶ時はマイクロセコンド以下の一瞬ですからね。後になればなるほどじわじわとバックアップしていなかった後悔が大きくなってきますw;

 それにしてもあらためて見返してみると、SPは歴代アイマスシリーズの中では一番プレイしやすいですね。アーケード版のランクアップ失敗即引退でゲームオーバーの緊張感も捨てがたいのですが、それとは好対照と言うか。腰をすえてガッツリいくならアーケード。いつでも好きな時に好きな場所でサクッと遊べるSPといったところでしょうか。バランス面でも、自分が得意と思うレッスンをなんどか繰り返して練習すれば結構パーフェクトも取れるようになってきますし、どうしても苦手なレッスンは制限時間に余裕のあるハードレッスンを選べば割とどうにかなります(ただし歌詞レッスン、てめーは駄目だ)。ストーリーモードだと定期的に出てくる5万人or10万人オーディションでサクサクアイドルランクが上がるし、それでは物足りない場合はフリーモードでストイックに行けば良し。流石にシステム面ではもっともこなれている感じを受けます。(3年も4年も同じ様なシステムを何回も作ってるんだから当たり前だというのは無しの方向でw)
 これで約束システムをもう少し考え直してもらえれば、携帯ゲーム機でしかプレイすることの出来ないアイマスとして大いに意義があったのに、と悔やまれます。セルフレッスンのパーフェクトをとるための誤差とかちょっと厳しすぎですね。毎回、電波時計にPSPの内臓時計を合わせて時計を見ながら再開しろとでもw あとは肝心のストーリーがね、うん、まあ、ごにょごにょ…っていうかぶっちゃけアレですが。(その影響か○周年ライブで重大発表!とか言われると真っ先に不安を感じてしまうようになりましたw;) 素材を集める目的もあったにせよSPを結構やり込んだ身としては、あとから貴音と響は最初から765プロ所属のアイドルで美希は移籍なんてシテマセンヨ?ていうか961プロってナンデスカ?とか言われてもいまだにピンとこないんですよね。じゃあSPはなんだったんだよ、と。さらにその後に出た876組はすんなり受け入れられたのになぁ…(もっともDSは肝心のゲーム性の方がアレでしたが)。もうちょっとこのあたりを上手くやっていれば、初めてアイマスに触れる人に安心して進められたのに、とつくづく思います。

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。