スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細マスに行ってきた

え~、更新サボってホントすいません。
色々と書きたいネタはあったりしたんですが、アイマス以外のゲームに浮気したり家庭の事情&個人的にちょっと厄介事が重なりましてテンションがダダ下がり気味で更新を放置気味にしておりました。一時期は7月25日に開催されたワンフェスのレポート記事を次のブログ更新ネタにしようかな~なんて思ったりもしてたんですが、先述の事情もあり今回はワンフェス参加そのものを諦める事になりました。しかもそれが開催直前の出来事でホテルのキャンセルも有料になってしまうタイミングだったもんですからとてもガッカリ。ある意味最初から行けない事情がある、とかの方が直前でお預けを喰らうよりマシだと思いましたわ。そういう訳で恒例(?)のワンフェス参加レポは今回お休みとなります。こんな場末のタイムリーとはとても言えないレポートでも楽しみにしてくださっている奇特な方もいらっしゃったそうで大変申し訳ありませんでした。

で、結局ホテルのキャンセル料を払ったり切符の払戻しをしたりするぐらいなら、と考えまして結局相方に急遽切符やら何やらをそのまま渡して急遽代理で参加してもらう事にして、ついでに買い物をお願いしましたので目当ての物はソコソコ入手できたのが不幸中の幸い。まあ、この手のイベントは目当ての物をゲットする…というのも一つの目的ではありますが、現地で実際にイベントの空気を味わうというのも大きなウェイトを占めていると思うところでして次回の冬のワンフェスは何が何でも参加したいと思う所存。

まあそんな事がありまして、コレで私の夏のイベントは終わりか…と思っていたのですが、先週の金曜日に相方から「細かすぎて伝わらないアイマスオンリー」こと『細マス』に一緒に行かないかとのお誘いが。一応、仙台でアイマスオンリーの同人誌即売会をやるらしいというのは耳にしていたのですが、例のアイマスライブの発表以来ちょっと冷め気味だったのと、一番最後に同人誌即売会に参加したのがサムライスピリッツが流行ってた頃だったりするオッサンが場違いではないのか?と思いがあったりして躊躇していたのですが、相方の
「いやぁ、アイマス2が出る前のイベントでは今回が参加する最後のチャンスかもしれないし。あとアイマスファンはもともと年齢層が高いので問題無し!」
…との説得を受けて急遽参加してみることに。なにしろ行くのを決めたのが開場12時間前という事前情報一切無しの超強行軍ですが行ってきましたよ、細マスに。


会場は仙台駅前AERビル。仙台駅からペデストリアンデッキで直結という非宮城県民にも分かりやすい優しい立地
細マス001

で、カタログ。仙台で開催という事で伊達政宗の格好をした貴音が前面に出ております。地元は政宗にフルボッコどころかギッタギタのメッタメタのケチョンケチョンにされた歴史があるのでちょっと複雑な気分だったりw;
細マス002


会場にはちょっと早めに着いたんですが、すでに行列ができていてアイマスPの熱気をあらためて思い知らされたのと、開場待ちの間にカタログを眺めていたら東北地方のみならず関東や関西の方から参加しているサークルもあったりしてびっくり。もっとも遠いところでは香川県から駆けつけたサークルさんもいらっしゃるとか。亜美真美のイベントin十勝でも全国からP達が駆けつけたとは聞いていましたが実際目の当たりにするとやっぱり気迫が違いますな。中にはいつもイベント後にとら○あなとかメロン○ックスとかで同人誌を購入している著名なサークルもちらほらと見かけたりして中の人と実際にお会いするのはなんとも複雑な気分ですw 後で聞いた話ではバンナム関連の方まで来ていたらしいとか。
なんでも今回はアイマスオンリーという大きな括りの中でさらに小さな複数のオンリーイベントが行われているような形態で、なぜか痛ミニ四駆大会が開かれたり、バーチャル真美(電脳フィギュア ARis (アリス)の真美版と言った方がピンと来るかも)などが公開されていたりして、参加している方のアイマスに対する想いの表現方法に様々なアプローチを試みているのが垣間見えて非常に興味深かったり。当初は雰囲気だけ楽しむつもりで買うのはカタログくらいかな~なんて思ったりもしたんですが、ふたを開けてみればかなりの出費。良い子には見せられない本も混じっているので画像はうpできませんがw;
なかでも個人的に今回一番ウケたのがコレ↓ですね。

細マス003

アイ”升(マス)”というのは思いつくにしても、実際に作ってしまうその行動力には敬服せざるを得ませんw サークルさんでもこの升を購入したところは多いらしく、自分のスペースに飾っておられる方も多数見かけました。やっぱり皆さん意表を突かれたようですw 

帰りの電車の中では相方と二人で睡眠不足でグダグダになっていたことも含めて、自分の直前までの盛り上がらなさっぷりが嘘のように楽しめたイベントだったとさ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。