スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゃ、百年の歴史を見るには、百年かけなくちゃ見きれない。

まとめて。

北斗のPSP ケンシロウプロデューサー 亜美真美「ランクアップD」「ある日の風景4」「TVリハーサル」



北斗のPSP ケンシロウプロデューサー 伊織「一日署長」



北斗のPSP ケンシロウプロデューサー 春香「ライブ(ライブハウス)」



北斗のPSP ケンシロウプロデューサー やよい「ランクアップE」




 いまさらですが、なぜ「北斗のPSP」なのか、PSP版アイドルマスターSPを素材にしているのか。それは、SPにはプロデューサーランクによる同時プロデュース可能人数に制限が無いのと、セーブデータをPCにコピーしておけるのでいつでも好きなアイドルの好きなコミュを見られるMAD動画製作者にとってはとても優しい仕様だからなのです。
 本来は、旧シリーズみたいにXBOX360版無印の素材を使えれば一番いいんですよ。SPでは今回の亜美真美TVリハーサルみたいにCEROランクC→Bの影響で台詞が変更されているコミュもあるし(AC→箱○の時も有りましたけど)、それどころか台詞改変以前に箱○版無印ではあったのにSPで無くなってしまったコミュもあるくらいなので、ネタ的にも映像的にも360版無印の映像が使えればそれに越したことはないのです。ですが、箱○版無印はプレイヤータグひとつにセーブデータもひとつでしかも完全上書き保存ですからランクアップした後に下のランクのコミュを見たい場合はもう一度いちからプロデュースし直す必要があるんですね。
 そのあたりを見越してかつて箱○版無印では千早コミュはほぼ全て(事務所Lvアップの「なんでもいいですけれど」含む)と、他のアイドルも主要なコミュやネタにしやすいコミュをBGMオフでキャプチャー済みだったんですが、これらが昨年のハードディスククラッシュの際にいっしょに吹っ飛んでしまったのが痛恨事でした。さすがにまた全員分のコミュをもう一週しながらキャプチャーする気力は起きませんでしたw; キャプチャーしようと狙ったコミュが出るかどうかはランダムだしなにより無印はレッスンの難易度が鬼畜なのでw 一応、ニコニコ動画上にうpされているコミュ動画をお借りする手も考えたのですが、BGMオフで上がってるのは極一部なんですよね。そう考えるとハードディスククラッシュの影響はある意味で北斗の拳側の素材よりアイマス側のほうが被害甚大だったのかもしれません。数十~数百時間の苦労も吹っ飛ぶ時はマイクロセコンド以下の一瞬ですからね。後になればなるほどじわじわとバックアップしていなかった後悔が大きくなってきますw;

 それにしてもあらためて見返してみると、SPは歴代アイマスシリーズの中では一番プレイしやすいですね。アーケード版のランクアップ失敗即引退でゲームオーバーの緊張感も捨てがたいのですが、それとは好対照と言うか。腰をすえてガッツリいくならアーケード。いつでも好きな時に好きな場所でサクッと遊べるSPといったところでしょうか。バランス面でも、自分が得意と思うレッスンをなんどか繰り返して練習すれば結構パーフェクトも取れるようになってきますし、どうしても苦手なレッスンは制限時間に余裕のあるハードレッスンを選べば割とどうにかなります(ただし歌詞レッスン、てめーは駄目だ)。ストーリーモードだと定期的に出てくる5万人or10万人オーディションでサクサクアイドルランクが上がるし、それでは物足りない場合はフリーモードでストイックに行けば良し。流石にシステム面ではもっともこなれている感じを受けます。(3年も4年も同じ様なシステムを何回も作ってるんだから当たり前だというのは無しの方向でw)
 これで約束システムをもう少し考え直してもらえれば、携帯ゲーム機でしかプレイすることの出来ないアイマスとして大いに意義があったのに、と悔やまれます。セルフレッスンのパーフェクトをとるための誤差とかちょっと厳しすぎですね。毎回、電波時計にPSPの内臓時計を合わせて時計を見ながら再開しろとでもw あとは肝心のストーリーがね、うん、まあ、ごにょごにょ…っていうかぶっちゃけアレですが。(その影響か○周年ライブで重大発表!とか言われると真っ先に不安を感じてしまうようになりましたw;) 素材を集める目的もあったにせよSPを結構やり込んだ身としては、あとから貴音と響は最初から765プロ所属のアイドルで美希は移籍なんてシテマセンヨ?ていうか961プロってナンデスカ?とか言われてもいまだにピンとこないんですよね。じゃあSPはなんだったんだよ、と。さらにその後に出た876組はすんなり受け入れられたのになぁ…(もっともDSは肝心のゲーム性の方がアレでしたが)。もうちょっとこのあたりを上手くやっていれば、初めてアイマスに触れる人に安心して進められたのに、とつくづく思います。
そしてここからはチラ裏に言い訳タイム。

 そんなこんなで新シリーズ一発目の千早誕生祭からいきなり遅刻をかましてしまったわけですが、一応、やよいと春香さんの誕生日が一週間ちょっとしか間が無いのが分かっていましたので早め早めに作業はしていて、3月末くらいにはやよいと春香と伊織、亜美真美の没ネタリサイクルじゃない方の動画本編製作までほとんど作業は終わっていました。そうでなければ春香うpの翌日に伊織うpとかできません。じゃあ、なんでそれを誕生日当日にうpしないんだよって話なんですが、実は3月末に急に転勤が決まったのと、実際転勤してから新しい勤務先でちょいと問題がありまして、その問題が後を引いて結局今になって毎日がエブリディというかなんというか。あんまり詳しく書くと身元バレしそうで書けないのが申し訳ないのですが、以上が言い訳にすらなってない言い訳です。

 今度こそ次回のりっちゃん誕生祭には間に合うところまで持ってこれたましたが、そういう訳で次回作は当分未定という事になってしまいます。現時点では先を思うと予断は許さないもののある程度はマシな状況になってきてはいるのですが、あまり動画作成に時間を避けなくなってきているので(アホな内容をまじめに考えるのも結構大変なのですw;)、マイリスコメにも書いたとおりになってしまいます。ひょっとしたらりっちゃんのコミュじゃなくなるかもしれませんのであらかじめご了承のほどを。最悪、北斗×アイマスにこだわらなくても動画投稿だけは続けていきたいとは思っています。…まあ、自分の投稿動画を見るとほぼ北斗100%なんで離れようったって離れられないとは思いますがw;
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。